くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

日本株下落……クォンツ系投機筋と欧米株の動きとAI

先週の株相場は、中番からVIX指数が数パーセント下がった後少し戻した途端から、欧米株下落追って日本株も大幅下し落し終わった。

注目したのは為替で、先週の為替もドル円がダウ不調に合わせるように徐々に下がると、半年以来の底値を一時更新しユーロドルはその分高反発し、ドル円も後追いとなって久しぶりに逆転乖離の形で終わったこと。

 

クロス円では、ほぼ全域ドル円フォローで唯一ユーロドルが反発を伺っていたが、下がる一方だったが、いままではしばらく米株好調だったためかドル円優勢で、ユーロドルお得意の急反発攻勢が抑えられてた状態に、変化の兆しを見せ始めたか?

 

為替は、来週からどれも中盤スタートで仕切り直しの様相から、株価変動の読みもより混乱を呈しそうだ。

 

こうした動きの中で、好調だった株価上昇が急落するニュースが連続した原因に、一つはクォンツと呼ばれるトレンドなノウハウを重要視した大手投機筋の爆売りがあると数ヶ月前からニュースが飛び交っていたが、それが現実のものとなったのかも。

 

投資市場は、すでにAIトレードがスタンダーになっているとされているが、大手の繰り出すAIが複数同時に売りをかければ、暴落は簡単に起こりうる。

人だけで売り買いしていた時代では、コントロールできた相場は今ではできなくなっていて、ごく一部の投資家を除いてはAIの実行するトレンドにフォローするしか、利幅を伸ばせなくなっている。

 

クォンツ系のトレーダーかアナリストだけがAIのトレードを左右できる日はもう始まっていて、そのスキルホルダーの価値は高まるばかりとの話。

情報分析のエキスパートである、データーアナリストなる職業も注目株だそだが、これと合わせて、ニーズはたかまると思われるが、我々凡人はどうあがいてもAIのお守りさえできない時代になった。

 

こうした現状を認識し、十分理解した上で、人は知的生物としての価値を“再構築”していく必要があるのだろう。

インバウンド需要に頼りすぎる、日本企業の危険度

インバウンド増加で期待を増す、国内の小売や観光企業の思惑と、国内の景気拡大の機運は、一見喜ばしいことのように思える。

 

この空気は私達国民にとって、近い将来の幸福を約束してくれるものだろうか?

 

www.tv-tokyo.co.jp

「フカヨミ+」訪日外国人に「ブ...|テレビ東京の読んで見て感じるメディア テレ東プラス

 

こうした経済や景気への思惑や期待は、何よりも経済効果上昇のカンフル剤になることは間違いなく、それ自体に何ら罪は無い。

ただ忘れてはならないのは、実体経済の事実とは全く関係のないもので、実質の経済活動は金利や株価の上下動のほうが、その真実を表している事が多い。

 

これは経済情報を読み解くスキルを持たない多くの人々の行動によって、景気が変化することは事実でも、マネーや実質経済のコントロールは、経済情報を読み解くスキルをもった者によって計画的にされているのも事実で、同時に文字通りの経済学者や経済アナリスト的な、スキルを持つ者を指すものでは無いという事実でもあったりする。

 

彼らの役割は、コントロールされた情報を周知させることと、正当化させることであり、先読みや分析をする行為とは程遠いだけに、彼らの情報を鵜呑みにしないまでも、経済動向判断のベースにしたり基軸にすること自体が、全く無意味であることを意味すると見なす。

 

余談だが、最近地震や台風などの災害情報についても、ほぼ同様の仕組みによって動いているのではとの疑いが、確信になりつつある。

一見都市伝説っぽいが、似ている点が結構あるからだ。

 

さて話を戻すが、経済は今更ながら私達庶民には規模的にも機会的にも、彼らと対等に勝負できる次元ではないところにあって、台風のように近づいて来れば我々は、限りある情報を基に何とか被害を最小限に減らす努力をする程度でしか対処できない、という現実をまず腹の底に落とした上で、経済に向き合わねばならない。

 

これを無視または無知のままの経済活動は、バクチであり下手を打てば自殺行為でしかないのである。

高度成長期を過ぎて久しい国内経済は、麻薬の切れた病人のごとく、インバウンド需要に過剰な増資をし、バクチに走ろうとしていないか?

この時期こそ、不正問題やデータ偽装を根底から見直して、戦後から溜まったウミを根こそぎ絞り出して、生まれ変わるチャンスを夢見るのは、今しか無いのに……。

 

私達は、その夢さえ実現を赦されないのだろうか?

 

彼らが用意した仮想の夢を私達は見ることしかできない現実は、あまりにも酷く詩的に例えれば、

 

エヴァの世界観にも酷似した

残酷な天使のテーゼ」だ。

 

この認識が妄想かどうか想像にお任せするが、今あるささやかな期待だけで規模拡大や投資を膨らます行為は、経済リテラシーなさ過ぎだと思うし、きっと彼らの思惑にハマって、満足させることだろう。

 

「フフフ……思った通りだぁ」

 

このセリフは、かつて人気をはくした名作「スネークマンショー」のいちエピソードでの狂人が吐くセリフ(相当なマニア・レア情報?)だが、せめてこの程度の「皮肉」を込めて紹介し締めたいと思う。

仮想通貨と相場の全体私観

仮想通貨の動向は、記事にしないにせよ相変わらず追跡と情報収集は怠らないものの、例えばBitcoinの取引相場はほぼレンジで、従来の乱高下好き投資家には目新しさを感じさせない凪のような状態。

 

本来の投資相場は、安定してこそ投資欲をそそられるものだろうけど、仮想通貨のそれにおいては未成熟で、かつ取引量の絶対数があまりに少ないので、ダブルパンチの状態で、古株の投資家さんもガチホを呼びかけるも、相変わらずのマシンガントレーダーが、無駄撃ちする分微々たる上げ下げをするので、なんとか動いている状態。

 

株やFX、先物トレーダーにとっては、相場全体の参考指標の一つくらいにもならないのがとても残念な状態いで、前記事のような年末年始の総監を分析する意味さえないので、唯一魅力な点は投機筋のトレードのおこぼれをいただくくらい。

 

ガチホなトレーダーさん以外は、まだ様子見が吉と判断。

 

ただ、株投資方面では、仮想通貨技術によるコストカットや新サービスへの期待感が高まっているため、決してガン無視はできない魅力的な手段であるのは間違いない。

 

どの相場でも、チャートでの相場判断と経済指標分析はできないと、長期投資は絶望的なので、スキルアップは地道にやっていこうと思う。

 

 

 

むしろ遅いくらいの、2018年末・年始に向けての経済短観

毎年秋冬と、来年につながるこの時期は例年景気は上向き方向へ動くと聞いているが、今年はいろいろミスリードもあったりで、非常に先読みしずらいエピソードが後を絶たない。

 

この手の要因として最も目立つのが米大統領トランプ氏の奇行にあると叩く記事を多く見受けるが筆者の見方は少し違っていて、その奇行???を盾に大幅な経済構造の変更をすすめる大きな動きが働いているように見えるのだ。

 

トランンプ氏の政策は、その最もわかりやすい片鱗に過ぎないという発想だ。

 

かつてない彼の、保守的な経済連携を根底から変えると見られるこの動きに、ピンポイント的な見方をしていたら、おいていかれることは必至で大胆な構造変革を見落としかねないだろう。

来年に向けて着々と進むこの動きは、アナログ経済からデジタル経済ベース化への大幅な更新を図るもので、表面上は見えにくいソフトウエアの大幅刷新であり、いよいよアナログ経済との決定的な離別を示している。

それは、日本で言えば平成から次の年号へ変わるのとちょうど符合する時期にあたるが、これは偶然の一致とは思えないタイミングにも見える。

 

それが具体的にどのような結果を示すものか? 我々には想像の域を超えないが、人にとってより生きにくいものになりそうな予感がしてならない。

 

人には、変化をより柔軟にとらえ価値観を常に変化させる能力が要求されるだろう。 

よりデジタル的発想が要求されるのではないか?

AIとの協業は最低限避けられず、仕事において大きな意味で人あまりが起こる。

 

一見、今更誰でも知っていることと一笑にふすようでは、この先ついていけなくなるほどの変革が今起こっているのであり、

 

結果が描く近未来像がより具体的イメージ出来る人は意外に少ないのではないか。

キチンとイメージ出来る人はより緊張感を持ちつつより前向きに行動するのだろう。

 

これは自分も含め例外ではない、大きな課題。

 

この大変革は、今のところ私達にはなんとなくと言った、ぼんやりしたイメージにしか捉えることはできないほど、虚ろな変化にしか表現できないが、遅くても数年後にそのアウトラインがはっきりして来る頃には、ギャップ萌えならぬ「ギャップ萎え」に、人生観を大きく変えざるを得ない人々がゾンビのごとく闊歩し、遅まきながらメディアによる「後から解釈」によって、さらに混乱をきたす人々が山積するのはお決まりの流れで、それほどの変化が起こると考えた方が良さそうだ。

 

この、現状ではとてもわかりにくい大きな変化を、特に国内では情報が得にくいが追い続けなければならないし、最低でも根本的な履き違えは避けたいものだ。

我々一般庶民に準備できることは限られているものの、感覚をよりニュートラルにし、神経を研ぎ澄まし、裏をかかれないよう細心の注意を怠ってはならない。

人それぞれで、出来ることには限りはあるだろうが、心の準備は万人に出来るのだから遅れは取りたくないものである。

 

これからの時期の年末年始は、我々庶民にはイベントや娯楽が目白押しの時期である一方で、より緊張感を維持しながら大きな変革のヒントを掴まねばならない、例年とはひと味もふた味も違った注目の時期になるだけに、その時代を後悔の無いように集中して過ごしたい。

 

最後に。

トランプ氏の言動は、変革未来時代を生きる上でのビジョンや、行動指針を作る上で思慮深くとらえ多くを学ぶと同時に、単なる拒否が正当化されて良いものではない気がしてならない。

 

人として全うするとは自分のなかで、

 

「理性(第ニ)が、感情(第一)を上回っている」か?

それを常に冷静に測れる「第三の目」を持って行動できているか。

 

それに尽きるように思う。

年末に向けての経済短観

毎年秋冬と、来年につながるこの時期は例年景気は上向き方向へ動くと聞いているが、今年はいろいろミスリードもあったりで、非常に先読みしずらいエピソードが後を絶たない。

 

この手の要因として最も目立つのが米大統領トランプ氏の奇行にあると叩く記事を多く見受けるが筆者の見方は少し違っていて、その奇行???を盾に大幅な経済構造の変更をすすめる大きな動きが働いているように見えるのだ。

 

トランンプ氏の政策は、その最もわかりやすい演出に過ぎないという発想だ。

 

かつてない彼の、保守的な経済連携を根底から変えると見られるこの動きに、ピンポイント的な見方をしていたら、おいていかれることは必至で大胆な構造変革を見落としかねないだろう。

来年に向けて着々と進むこの動きは、アナログ経済からデジタル経済ベース化への大幅な更新を図るもので、表面上は見えにくいソフトウエアの大幅刷新であり、いよいよアナログ経済との決定的な離別を示している。

それは、日本で言えば平成から次の年号へ変わるのとちょうど符合する時期にあたるが、これは偶然の一致とは思えないタイミングにも見える。

 

それが具体的にどのような結果を示すものか? 我々には想像の域を超えないが、人にとってより生きにくいものになりそうな予感がしてならない。

 

よりデジタル的発想が要求されるのではないか?

AIとの協業は最低限避けられず、仕事において大きな意味で人あまりが起こる。

 

一見、今更誰でも知っていることと一笑にふすようでは、この先ついていけなくなるほどの変革が今起こっているのであり、

 

結果が描く近未来像がより具体的イメージ出来る人は意外に少ないのではないか。

キチンとイメージ出来る人はより緊張感を持ちつつより前向きに行動するのだろう。

 

これは自分も含め例外ではない。

 

この大変革は、今のところ私達にはなんとなくと言った、ぼんやりしたイメージにしか捉えることはできないほど、虚ろな変化にしか表現できないが、遅くても数年後にそのアウトラインがはっきりして来る頃には、あまりのギャップ萌えに人生観を大きく変えざるを得ない人々がゾンビのごとく闊歩し、遅まきながらメディアによる「後から解釈」によって、さらに混乱をきたす人々が山積するほどの変化であるのは間違いなさそうだ。

 

この、現状ではとてもわかりにくい大きな変化を、特に国内では情報が得にくいがおい続けなければならないし、最低でも根本的に履き違えてはならない。

我々一般庶民に準備できることは限られているものの、感覚をよりニュートラルにし、神経を研ぎ澄まし、裏をかかれないよう細心の注意を怠ってはならない。

人それぞれで、出来ることには限りはあるだろうが、心の準備は万人に出来るのだから遅れは取りたくないものである。

 

これからの時期の年末年始は、我々庶民にはイベントや娯楽が目白押しの時期である一方で、より緊張感を維持しながら大きな変革のヒントを掴まねばならない、例年とはひと味もふた味も違った注目の時期になるだけに、その時代を後悔の無いように集中して過ごしたい。

医療市場の諸事情と患者のニーズ

 久しぶりに、がっちりマンデーを見た。

高齢者・単身者の増加や、健康ブームも手伝って、医療はビジネスとしてジャンルを正当化できる時代なのだと感じる。

 

しかし未だに、過度な病院利用が常習化されるシーンが増えてるんだな、とも実感した。

 

 f:id:kromaryu:20181007101834j:plain

 

 少しビジネス話からそれる。

もう何年も前になるが、その片鱗を実際に見た経験を思い出した。

 

それは家族を救急搬送する経験することが何度かあったが、救急車に同乗して救急指定病院へ行ったときのことだ。

国立病院だったので、ER専門部署に搬送された後で、幾部屋かに別れたブース状の診察室で家族が診察を受ける間に、待合を指示され、結果待ちをしていた期間が結構小一時間あったが、座ったベンチの真向かいが救急搬入口になっていた。

その入り口は、頻繁に開け締めを繰り返すのを嫌というほど見ることになった。

 

大都市のERだし当然と言えば当然かもしれないが、問題は搬入された後の事でその搬入された患者候補の殆どが、結果論だが大した病気でもないのに”なんちゃって救急患者”とでも言いたくなるような人々が、とても多かったのには衝撃的だった。

 

最近救急搬送者の多さに、救急車の数が追いつかない現実をニュースなどで見聞きしていたので、日本の医療機関の能力不足に危機感を感じていた。

ところがこうした実態を見るに、自分の認識を恥じることになったわけだ。

 


家族が入院が決定し準備のために一時帰宅しながら、そのおぞましい現実に思わず閉口したと同時に、この先医療の進む課題が見えて、ゾッとした事を思い出した。

 

 

医療業が神聖化されるのは、本来の意味とはかけ離れた、業界が安定しつつ公務員と同様保証されるように画策したイメージに過ぎない。

これは、患者側にも課題になることで、メディア情報に振り回され、自己判断力を失い、自分の身体の調子さえ客観的に判断できず、医者や医薬業界に健康リスクを丸投げしている現実にあるのではないか。

 

家族の死を目の当たりにすれば話は別にしても、ちょっと太っただの、ストレスで調子悪いだの、ちょっとした切り傷や火傷にうろたえ、風邪の原因さえ自己判断するのを敬遠し、何をおいても119番コールする風潮。

言い過ぎを承知で言えばまるでタダなら利用しないのは損とばかりに、医療もコスパ偏重派が幅を利かしている現状は、きっと今でもERの現場で繰り返しているだろうと、容易に想像できるのだ。

 

人は確実に減る現実の中で、本当に正当な医療を必要とする人が居て、その立場なら深刻な状況を目の当たりにしている家族や当人には、この馬鹿げた主流派の横行は、当に洒落にならないのだ。

 

使うべき時に使う。

 

その要の自己判断力は、本来持っているもので、たとえ専門知識がなくとも、自分の身体の状態は、自分が最も知っている事のはずなのに。

 

それさえ自信を無くしたのか、自己にかかるリスクを第三者に転嫁しすぎて、自己判断しない者が増えたがために、この当たり前の判断ができていない。

この点で当たり前の判断力が低下しているのは、

 

本来日本人の誇るべき「潔さ」が失われているのかもしれない。

 

公共サービスが無料だからと言え、とりあえず呼んどけという安易な現実回避策を選ぶ前に、危機意識に苛まれる中でも、一度自分の耐性に向かい合って、許容できるリスクが本当に無いか、それでも医者にリスク転嫁すべきかを考える時間は十分にあるだろうと思う。

 

それは邪推だ!

 

と思われる方も居るかもしれないが、少なくともこの可能性は無いだろうか?

 

 「命に関わる医療は何を差し置いても、判断の正確さより緊急性が優先されるべき」

 

と、

確かにそうだ、誤ってはいないし、その結論は患者がするものでなく医者が下すべきというロジックを否定していない。

ただ、医療待機者が増える傾向がある今、この優位性を暗黙に過信したり自己都合で利用していてないかと心配になる。

 

本来の患者の立場に立たされたとき、そのしわ寄せを受けている現実を目の当たりにするのだ。

その時思うかも知れない、

 

「お客様(患者)は神様というロジックは乱暴で、自分の首を締めかねない」

 

自分で判断できればそれに越したことは無いのに、私達は上の暗黙の保証があるがゆえ、もしくは思考停止したまま、専門家神話に甘んじ過ぎていないだろうか? 

それだけは理解していただければ幸いだ。

 

 

さて、ビジネスの話に戻る。

救急車不足を生んだ原因が、医療機関ではなく、私達患者側が生み出したという事実を見た。

 

がっちりマンデーで紹介された夜間診療病院ビジネスは、こうした救急医療の実態を知り尽くす者にとっては、ブルーオーシャン市場という点で理に叶う。

しかも、やってくる患者は軽微な病気が多く、しかも救急搬入される患者も予め致命度の低い者だけという、低リスク。

 

言っちゃあなんだが、医療をビジネスに変えるなら、命の保証は可能な限り避けるのは鉄則中の鉄則。

夜間というナマケモノ医者としては避けたいこの選択をして、患者からは感謝されるのだから、人と違う時間帯に抵抗がなければ当にチャンス。

 

火中の栗を拾いたがらないなまくら医者のスキをついた、救急医療事情を知り尽くした医者ならではの独占場だけに、苦労してきたER経験者には朗報だろう。

患者側も、救急現場という修羅場をくぐった猛者が、しかも夜間に診察してくれるのだから、これ以上の安心は無い。

 

医療を儲け話にするのは、倫理的・心情的にバッシングを受けやすいが、業界と患者双方から喜ばれるビジネスだ。

医者は頭のいい人が就いていると思っていたが、弁護士や会計士、企業診断系の業界が飽和状態だけに、安定しきった業界に浸りきったり、保身に走りすぎれば、その結末は悲惨だ。

 

 

最後に、医療ビジネスでは夜間診療はまだ隙間産業だけに、これからの医者を目指す若者も、ERで武者修行して究極の医療現場を経験しても、十分に後で元が取れそうに受け取った。

 

仮想通貨の、今後の投資価値ゆくえ

 仮想通貨の急落をうたう記事や、テクニカルで収束後に大幅下落の速報が強調されだしている。

仮想通貨技術は、大きな評価や将来性が期待されているにもかかわらず、いざ投資価値としては、将来性に関しての評価がますます低くされている。 

(注:少なくとも国内メディア情報のトレンドでは……海外筋は市場の自由度はまだ高いという見方も多いよう)

 

仮想通貨急落で時価総額1.8兆円減少・リップルは重要支持線を抜ける|仮想通貨市況

 

ここ一年の現状を見て、まだ投資価値を見出すものには、大きな試練の時期と言えるし、筆者も基本ネガティブ派でことあるごとに叩いてきた。

 

ただ、もし今後可能性があるとすれば、年末以降の大量売、激安価格からの高騰というシナリオが起こるかどうかでほぼ決まると考えている。

要はパトロンとなりうる大手投機筋が、乗るか反るか次第。

 

ここ数日の急落は、仮想通貨に限ったことでなく株先物全般に共通して起こっていることから見て仮想通貨単独の値動きでは無い。

 

見るべきは、年末に向けて上がると見られる株の動向で、仮想通貨がついていくか、乖離するか、という点。

 

いま、先物投機筋が大きな売りと買い戻しをしかけその成果が芳しくないらしい、その動きに振り回され、今日の全面株急落につながっている。

来年度に向けて、少なくとも年内この動きはまだ止まないと警戒されているので、その間に仮想通貨はますます不安定な値動きをすると考えられるが、予想外にも大きく株先物の動きに反応する動きがあれば、もしかしたら円のような一時的な資産退避手段として生き残る可能性がある。

 

ただ、仮想通貨単独での資産価値や魅力は期待しないほうが無難で、あくまで他の資産運用のいち部としての投資と割り切って投資すべきで、全額投資しか選択肢の無いものは小遣い稼ぎも諦めたほうがいい、というのが当面の見方。