くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

日本の「護送船団方式」はまだ死なず?

日本のグローバル経済への対応を遅らせた「護送船団方式」といわれた、

公的な日本株式保護の悪習慣は、平成に入ってその成りをひそめたかに見える。

そもそもこの比喩は、危険な海域にて重要な役割の船を護衛船が囲んで本来の目的を保護することだが、その多くは日本の独自システムを護るために政府が金融機関・国際企業・制度などを税金を使って国際競争にさらされない様にすることの意味で、最近ほとんんど使われることもなくなった。

【厚労省作業部会】ワクチン企業の再編促す‐護送船団方式から脱却を : 薬事日報ウェブサイト

 

筆者が便利な言葉なので、あえて多用しているにすぎないのだが、この政府の保護が今の国内企業の国際競争力を弱めた原因であるし、そのおかげで一部の大手企業は「バブル」で贅沢を謳歌でき、いい夢を見れたのも事実だった。

 

今となっては「良くも悪くも」いい思い出で終わりそうだが、先日のNHKスペシャルでも取り上げられた、当時の金融機関破綻劇の真相のように、今でも忘れる事は出来ない爪痕をを残し、悪影響の元凶になっているのは、残念だ。

 

 

今でも、実質的には日銀のETF買い支えによる実質保護の政策は、現代版「護送船団方式」のそれと言ってもいいのではないか?

 

しかも厄介なのは、この日本伝統の”保護”システムは、

国内の多くの人にとって、むしろ前向きに思われているフシがあり、

メリットとして歓迎されている実感がぬぐい切れない。

 

この結果、海外筋から見るファンダメンタル的には、

リスク回避の常とう手段として認識されているとされ、

日本株の「便利屋」「パシリ」「アッシーメッシー(死語)」的な役割は、

日本の世界経済に対するポジションを、暗に示していないだろうか?

 

一見日本は、護送船団は必要なくなり一本立ちしている様に見えるし、政府もその態度を示し債務を増やしながら海外への大判振る舞いを止めていない。

その兄貴肌を突き通す姿が、外国にとってどれだけの感謝の念に繋がって、将来どれほどのリターンに繋がっていけるのか、特に次世代の人々は目を離してはいけない。

 

 

ビットコインの主権者の交代はあるか?

BCHは分岐したあと、SV側がBSVに変更を表明し本家争いに終止符を打って、新しい市場開拓に出る。

Ethereiumもいよいよ来年早々に、重要なハードフォークを実行すると発表した。

 

その中、

 

ビットコインにおいては、はなから通過価値を見出していなかったが、ついにとどめともいえる、6000$の「マイニング損益分岐点」を、今回の大暴落で一気に割った。

 

このライフラインを割ったことで、いよいよ中国人主体のマイニングメリットは終わりを告げるとなれば、いよいよ主権を他国が獲りにいかなければ、価値を完全になくす瀬戸際まできた。

筆者としては、ここからが注目に値する第二幕になると推測する。

 

今までビットコインが中国人マイナーのシェアが多かったために、後追いの他国には全く価値が見出されなかったが、ついに主たる中国人マイナーも放棄する可能性が出てきたわけで、ここからはビットコイン相場の完全底を見極めて、他国マイナーが食いつく下地がようやくできた、とみてみる。

 

その最右翼は、一見ロシアが筆頭と見るのが妥当だろうが、筆者はあえてもっともマイノリティなチョイスをしておく。

当たっても外れても、何のメリットもないが。

 

さんざんコケ落として暴落をしかけ、底を狙って一気に買い占める。

”彼ら”の常とう手段が、刺激的だし、投資市場もウエルカムな空気になりやすいだろう。

 

市場を中国から奪い、いよいよ文字通り「世界通貨としての仮想通貨」としての普及が始まり、サトシ・ナカモト氏も姿を現すだろう。

 

この現代版「天岩戸伝説」が実現するのか?

信じるも信じないも、あなた次第……お手難拝見と行きたいところだが、いざ。

 

 

 

 

 

 

ゴーン氏の処罰の先にある、日本企業の現実

漸くこの事件の本筋が報道されるようになった。

ゴーン氏などの外国人の始末だけでは終わらない、

政府の「大岡裁き」が始まった。

 

この事件が始まった時点で予測された、日産側社長への処罰が決まって、

漸く本筋に突入する動きを見せた

 

web.smartnews.com

新生銀にゴーン氏「損失付け替え疑惑」が飛び火、関与した人物とは (ダイヤモンド・オンライン)

 

関与する責任者へは等しく裁きがくだされ、日産はルノー対策と社内ガバナンス課題と両方の重圧に耐えて存続を模索することになる。

今までは引責辞任追求の空気は薄れていたかに見えたが、これからはメディアタタキも強まるし、社員や日産車ユーザーからの突き上げも本格化する。

 

政府も流れによっては、介入を含む日本の自動車業界そのものの存続と国際的な認知への影響のコントロールを余儀なくされかねない。

 

かつての三菱自動車のように、日産も

「ミイラ取りがミイラ」

になるのだろうか?

 

場合によっては、国内他社によるさらなる合弁や買収も視野に考えないと、これもまた、

中国企業による買収

案件の憂き目にあいかねない。

ポイントサービスのdポイント

dポイントが、ここまで普及するとは思わなかった。

個人的にイメージキャラクターのポインコ兄弟は大好きだが、

docomoスマホから離れて依頼使ってない。

使えても、使うつもりは無いが。

 

www.itmedia.co.jp

ドコモはなぜハワイで「dポイント」を導入したのか? 「d払い」は? (1/2) - ITmedia Mobile

 

まさか、仮想通貨にしようとしてるのか?

環境問題解釈ひとつで変わる、自動車業界の軸

日産がトップ損切りを断行しウミ出ししている間に、トヨタは着々とグローバル経済戦争に耐え抜くための社内改革をすすめている。

そもそも日産がこうしたリスクを取らなければならなかったのは、遡れば社内労組があまりに強力で肥大化したムダをカットできずにいた期間が長すぎたことから始まっていて、奇しくも同等のドンブリ体質を持っていた三菱と一体化する運命をたどったし、更に国営のずさん経営が状態化していたルノーに飼い殺しにされたのは、類は類を呼ぶ、と言う皮肉な偶然を伴っていた。

 

newswitch.jp

トヨタ、組織改正で『部』削減へ“経営にスピード感”

 

今後の自動車業界は、VWトヨタ、現代などの引き締め体質の確立した企業が牽引していくだろう。

未来志向の生活環境のグローバル化とIT化の標準装備の流れの中で、今検案中の米中間の闘争における自動車の持つ意味が大きく変わる今、不振続く米英が日産案件をきっかけに、日本企業にも影響を強めようとしている。

また、電気自動車大手の日産のゴタゴタや売上に影の見えるテスラの今後によっては、電気自動車主体だった業界の流れそのものに水を挿す可能性もある。

 

今後自動運転技術の標準化の主権争いと、エネルギー課題の行く末を占う自動車のオール電化の動きは、大気汚染問題の取り扱いの結果次第で、今後も簡単に方向を変えてくるリスクをはらんでいる。

 

これは大胆な仮設

まずはフランスが日産傀儡化に失敗すると、EU主導の電気自動車路線そのものを否定するかもしれないし、数年内に燃料電池発電効率が劇的に改善されなければ、また化石燃料の注目度がぶり返すかもしれない。

レシプロエンジンの劇的な改善は今でも進んでいて、こちらの方が現実的と判断され得る現状もある。

当面の主軸は電気かガソリンか?

化石燃料の相場によっては、簡単に方向性は変えられるので、どちらに転んでも即応出来る体制をメーカーはしばらくは強いられるだろう。

その鍵を握るのは石油産油国の生産調整力と、独自の大型市場を武器に米英より影響力を高めんとする中国、その対抗馬となるインド市場の成長によっては、大手投資筋の食指次第でどうにでもなるだけに、目先の変化に振り回される企業は、無駄な投資で疲弊を招きかねない。

 

自動車業界ひとつをとりあげて、経済の仕組みを見た上で、経済の実態を俯瞰すると、経済を活性化に利用されてきた「戦争」は、

武器による戦争はもはやトレンドではなくなったものの形を変えて、

今も世界中が戦闘が繰り返している事実が見えてくる。

 

武器弾薬による死はあり得ないとしても、

マネーによる死は存在し、

人への実体化の加速で、いよいよ私たちの選択肢を無くし、

マネーの仮想化は、その実体化を見えにくくさせる。

 

目に見えないマネーは、実弾のように私達の未来を狙っている

falcon9着地失敗、その根底にあるもの

いや〜、筆者も昨日の朝にイーロンマスク氏ツイートで、

ロケット搭載カメラでの、難着水シーンを見てたので、驚いた。

 

www.gizmodo.jp

SpaceXが久しぶりにFalcon 9ロケットの着地に失敗! | ギズモード・ジャパン

最近のイーロンマスク氏は、電気自動車でも叩かれまくって鍛えられたのか?

自虐ネタのノリでツイートする事も多くなった気がする。

 

それはさておき、

この事件は、単なる失敗談として捉えれば、よくあるネガティブニュースだが、

宇宙ビジネス業界においては、リアルで画期的な失敗であって、

今後参入企業が期待される中でも、前向きなエピソードとして見ておきたいし、起業家を目指すものとしては、広い意味で可能性を広げるんじゃないか。

 

こうした高額な開発費が避けられない失敗は、

本来致命的だが、

ベンチャーならではの失敗を、単なる失敗に終わらさずに、

次のアピールへの切っ掛けにつなげる失敗に、

ちゃんと仕上げてある、氏のバイタリティ性が、

ベンチャー精神を後押しするのだ。

 

成功を見越した失敗は、起業思考を豊かにする。

 

空いた口のふさがらない、これぞ陰謀

今朝、「虎ノ門ニュースライブ」見てたら、

思わず失笑( *´艸`)

f:id:kromaryu:20181206102913j:plain

 

スタジオも、あまりにあきれて大爆笑。

コーナーで石平氏が紹介し、「横暴」だと怒り狂ってた、

 

これが中国のオフィシャルマップ、オフィシャル。

 

……そこまで、するぅ!?

 

この地図に基づいて動いてたんやなー。

あきれるのを通り越す、まさに妄想の領域。

 

いまさらググると、もう常識らしい。

これぞ、まさに「ザ・陰謀」

 中国も、えらく近くなったもんだ。