くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

ビジネス視点

ダウ・日経平均株価暴落で学ぶ絶対的なルール

ようやく日本国内でも「資産運用」が定着しだした昨今、 年始め順調に見えたダウ・日経平均株価の緩やかではあるが上昇傾向。 2月に入って予兆無しの歴史的暴落は、 いつかバブル崩壊との予測がされていたにも関わらず、 大方の投資家は、対策を取れないうち…

かつての経済ロジックはどこまで通用するのか?

当面、混乱しそうですね。 昨今の、乱高下で経済アナリストもコメントに困って、 変に冷静さを装ってるのが、変に同情したくなるほど。 このまま企業が神経質に反応して、消費者の購買欲がまた冷え込まないといいけど。 gendai.ismedia.jp アップルもアマゾ…

射幸性あおる?ビットコイン市場サバイバル

彼に限った話ではない。 某動画サイトで見れば、くさるほど射幸性をあおるのに必死な輩が湧いている。 www.gizmodo.jp 19歳のビットコイン長者、煽る「10年以内にビットコイン長者になれなかったらあなたのせい」 | ギズモード・ジャパン アメリカのような、…

ビットコイン。買いを煽るズレた認識。

ビットコインをギャンブル好きなら、新手の博打と割り切って買うのは好き好きだけれど、 あくまで標準暗号通貨と誤解しているメディア報道は、この記事に終わらない。 暗号通貨技術の真打ちは、今着々と準備が進んでいる。 この技術で一番のメリットは、送金…

自動車産業、世界市場に迷走する日本の姿

ほんのひと昔まえ、トヨタが米ビッグスリーを抜いて世界市場ナンバーワンになって、間もなく独VWが抜き返す、その後の次の覇者がトヨタでなくて、日産ルノー連合だという。 ここまで短期に入れ替わる自動車業界は、荒れている。 ここで気になるのは入れ替わ…

N-VANのフルモデルチェンジがもたらす日本車の未来像

今回は、意外とバカにできない軽自動車のフルモデルチェンジに注目したい。 昨年のフルモデルチェンジから爆発的なヒット商品となった、ホンダNーBOXに続いて今年に続いてフルモデルチェンジを控える、同社の商用版軽ワンボックス車はどこまで商用ニーズに特…

中国シンセンは世界産業のベンチ

YouTubeの動画を参照すれば、 この事実は、誰でも納得できるだろうと思う。 それが身骨までも日本産業信奉者であっても、だ。 自分の勤める会社が、それを理解してなさそうなら、 少しばかり見の振り方を考える、いい時期かも知れない。 president.jp うわべ…

バブル崩壊デー信奉と資産価値の見直しのススメ

バブル崩壊現象を体現した世代からは、 現在がバブル状態だとはイマイチピンとこない。 しかし、日を追うごとに「バブル崩壊」デーのささやきは、 強みを増してくるという、追い込むような空気は解せない。 この違和感を感じるのは筆者だけだろうか? 国内に…

日本自動車業界の妙手。

トヨタ自動車とスズキ自動車の業務提携がされて以来、両社の新しい動きを始めた。 jp.reuters.com トヨタとスズキ、インドで20年ごろEV投入へ 提携具体策第一弾 | ロイター 日本の自動車業界はご承知の通り、製造管理の不祥事で大きく低迷しかねない渦のど…

海外で問題、日本の将来に不都合なメディア

アメリカ情報ツウが語る、 今日の米国で起こっている、明日の日本であるあるな話 「エコーチェンバー」 「オルタナティブファクト」 パックンが徹底解説! ネット空間に広まる病的集団行動「エコーチェンバー」とは? - 社会 - ニュース|週プレNEWS[週刊プ…

AIの考察、ヒールは誰か?

AIが未来に何か悪さをすると、 その前提で記事を書いているメディアがいたら、 そのメディアこそ悪さをしようとする前兆だと、 思ったほうがいい。 AIが意思を持つという錯覚を、 持つこと自体が不自然だからだ。 AIは人に言われたことだけをを実行し、 導き…

磯丸水産の新業態。

「磯丸、ギョウザはじめたってよ。」 toyokeizai.net 居酒屋「磯丸水産」がギョーザ屋を始めた理由 | 外食 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

トランプさん、指名呼(業界用語)です。

パウエル、って以前に米国防長官にも同名の方が居たが、 名前覚えの悪い筆者にはツライ‥。 www.nikkei.com FRB議長にパウエル理事 トランプ大統領、正式に指名 (写真=ロイター) :日本経済新聞

トランプさん、指名呼(業界用語)です。

パウエル、って以前に米国防長官にも同名の方が居たが、 名前覚えの悪い筆者にはツライ‥。 www.nikkei.com FRB議長にパウエル理事 トランプ大統領、正式に指名 (写真=ロイター) :日本経済新聞

将来の工場誘致の憂鬱

今回は、一言だけ。 工業メーカーが国内や海外に工場誘致する場合、 次世代の人を使わないフルオートメーション工場は、 地域の誘致メリットは税収入くらいしか無くなる。 特に海外メーカー参入には、注意を要する。

トレンドリーダとしてのTOYOTAの使命。

トヨタ自動車も国内を中心に、 業界とインフラの中核を担う使命を感じる手を緩めない。 特に業界全体の関連企業を放棄するわけにはいかない筈。 EVトレンドに傾く中で、 トヨタ連合はあえて苦難の道を捨てていないが、 業界のトップである限り、導く使命は緩…

HONDAの精神は生きている。

一見、出遅れた感のあるEV競争だが、 そんな日本勢こそ目指す価値のある方向性を、 キャッチコピーの通り、 ホンダ・センシングは捉えているのでは? motor-fan.jp ホンダが東京モーターショー2017でワールドプレミアのモビリティ5台を一挙追加公開!【ホンダ…

中国資本の静かなる一手

続報として。 バッテリー寿命に注目して見守りたい。 autoc-one.jp 「安全神話」は新たなる領域へ! ボルボ 新型XC60 発表会レポート|新型車リリース速報【オートックワン】

大学連携2社目

中国が国策で進める中で、トヨタに続いて欧州も一歩も引かない構え。 response.jp これが2025年のMINI? BMWと米大学、コンセプトカー共同開発 | レスポンス(Response.jp) EVの将来を占う基幹部品の電池の量産にテスラは、絶妙な人材戦略で安定供給を果た…

覚悟

トランプ大統領は言った。 「選択はひとつ」 これは、北朝鮮に対するアメリカ政府の答えだと、 誰もが解釈しているが、 米国は軍事力や、金融の影響力を前提に、 米国流の答えありき前提の答えと解釈すれば、 対米国以外の国全てに向けられた答えと解釈でき…

クルマ市場の絶対優位をめぐる修羅場

自動車市場が遭遇している修羅場としては、それだけで成立してしまう中国の兄弟市場を無視できない。 数の論理だけで中国の優位性をごり押しできる現実に、ISOを含めて西洋企業が固めた規格が、今後世界市場全体でどこまで正統性を確保できるかは、インド…

電子図書館事例

電子図書館サービス参考情報 internet.watch.impress.co.jp

AIやVEの国内進度の遅れに、ガラパゴス化の懸念?

これはトヨタに限ったことではない。 日本企業が世界に評価されているのは、 「品質」の結果、であってその手段では無いと言うこと。 記事にある工程管理の内容は興味深くそれによれば日本式の、 事前「問題想定」に力点だけでなく時間をかけ過ぎている分、 …

ダイソンの成功は、GB復活の狼煙になるか?

至極、当然の成り行きに思える。 がしかし、業界は甘くはない。 加えて、国内自動車メーカーとのタッグは必要だろう。 既にほとんど買収されてるけど……。 ダイソンのEV参入、発端は既存メーカーへの不信 | BUSINESS INSIDER JAPAN www.businessinsider.jp

Apple 10周年記念モデル は成功するか?

Haeweiは通常の新製品ラインナップと別に、 出した次世代機の反響は。。ぱっとしないようだが、 Appleはこの X で次世代機のマーケットを読むのに 成功するだろうか? 結局は、マーケットニーズに対して、 テクノロジーがついていけないので限界がある。 この…

次の一手。

デバイスは確実に小型化の時代。 モニターなど、それだけニーズにあわせて別売するだけで十分だ。 アップルなら、WATCHでイケる。 アップル 次の大ヒットへ続く苦悩 スマホ発売10年

Bitcoinの真の脅威現る!

恐るべし、モルガンの鶴の一声……。 ビットコインの下げとまらず、前日のダイモン氏の発言受け | ロイター jp.reuters.com

カーボン技術の転用

少し目線が違っているけど、日本のカーボンテクノロジーは、 世界トップ。 だったらホイールじゃなくて、ニッチになるかもしれないが、 電気自動車の高速化に備え、 ディスクブレーキのパッド・ローターのカーボン化って、 実現したら、その技術転用ってハン…

スタバで思うこと

スタバの話なのに、今日はマックで書いてますw スタバは、消費客の動向リサーチに重きを置いている、それに乗っかる理由はないから、偏に意味づけせず好きなように利用すればいい。 ただ、こういうところにビジネス意識を持つのは、大事だと思う。 決してド…

STAP細胞、国内で生きる天才の末路

小保方氏…… 彼女は、良くも悪くも天才だった。 天才だが、あまりにも世間に無防備だった。 この国は、残念ながら忖度を知らない天才には、 優しくないようだ。 「STAP細胞ビジネス」が欧米で始まった! 小保方潰しに没頭した日本巨大マネーもノーベル賞も逃…