くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

参考資料

原発規制がこうも揉め事になる矛盾とイミフ

筆者が国内発電インフラとしての原発廃止派であることは明らかにしているものの、現実的に見れば代替手段を軽視してきた日本経済において、即廃止は自殺行為であるのは言われるまでも無い。 政府としても、以下のような西日本地域の原発規制規定の厳格化とペ…

日本にはトラウマな中国の戦術

「沈黙の艦隊」で有名な、かわぐちかいじ氏の新作「空母いぶき」が、実写映画化し公開されたが、緊迫する東南アジア海域の覇権を描いた良作で、中国への日本人の在り方を巧みに描いていて考えさせる。 さて、米中貿易協定で、いよいよ本丸の動きが実行された…

だから中華製品は悪か?使い倒せ、そのコスパの再考

中華デバイスが、コスパ最強とは言えなくなって久しく、かつて人件費と人材量を武器に成り上がった中華製品は伝説と化した感が否めないと思っていたが、コスパが多少悪くなろうが中国政府の評判で使いにくかろうが、それに関わらない範疇でも使いみちはある…

裕福と見栄の違い

物欲と言われる「特定のモノの所有するこだわる」層は市民権を得た結果、 それはそれでも良いと思うが、その一方では単なる自慢で金を浪費することに地道をあげる姿が、理想的かどうかを考えるべき。 それでも上等と思うのなら、それでいい。 一方で、疑問に…

中国が米国に変わる世界の傀儡国となる資質とは

今年に入って、去年ほど中国の領海侵犯のニュースを見なくなったと思えば、実情はそうではなく、つい先日日本と台湾国境付近に中国軍艦船が侵入したと報じられた。 今回の行動は、昨年からの台湾政府の本土に対する反抗が強まることに対する威嚇の意味が大き…

中国台頭が負担になる、日本や台湾の声はどこまで届くか

ロシアが年次報告で日本とアメリカに対する大枠の方針を発表した。 一見は日本に未だ脅威とは見られない話題だが今のところとみていて、一部でしか懸念されていない国内の社会主義化傾向からみて、ジリジリ詰めが始まってきたともいえる。 アジア諸国市場に…

日本人が近づける者、遠ざけるべき者、改めるべき事。

日本人が行動する上で、特に国際関係においては立体的な思考を緩めると、表面的な正しさや誤りのトラップにはまり込みやすい。 その日本人の弱さは利用されやすく、いま国内で吹き荒れる日本の価値を落としめんとする政治や教育にまで及び、これが私達を混乱…

愛国心とは、かくあるべきか_φ( ̄ー ̄ )要メモ案件

日本じゃ、子供向けヒーローモノでもやらん設定に、脱力。 しかも、中国初って……ハイテクIT先進国なのに、この文化だけ後進国なのはなんでだろうと思うし、このアンバランスは国として成長する過程で考えればとても不健康で 、その違和感が余計にこの作品の…

フェイク偽物とジニュ本物、高級品の価値とゆくえ

テレ東のビジネス番組で2夜連続で特集されたネタについて、高級ブランドバッグやダイヤ貴金属などの、高付加価値度が注目されればされるだけ、「ホンモノ」に対して「ニセモノ」も製品制度を上げてくるイタチごっこが続いている。 ただ、これらの番組を見る…

国という単位の、ご近所の相思相愛について

最近、筆者にとって他人に思えない国がある。 それは、大国の中国にのみ込まれるかどうかの瀬戸際で、孤軍奮闘する南国の国「台湾」である。 何が他人事と思えないのか、 歴史的に見て(書物に残される歴史と言うより、考古学的と言うべきか)日本も台湾も少…

国を・世界事情を掌握する者は、裁かれない現実を生きる

太古より階級統治社会が形成される過程で、陰謀論者のいう社会構造が存在するのであれば、推し量ること自体無意味でありスケールデカすぎで、一般者が彼らの意見を妄想と考えても仕方がない。 ただ、ゴーン氏の進退の行方においても国単位で正義はいく通りも…

次世代通信規格5Gの選択肢、あなたならどうするか?

筆者も好きだが最近やたらと現れる「地政学」という言葉は、ようやく日本もグローバル社会のお仲間に入ったという、自負の現れなのかもしれない。 この一言で、地球にある地理的につながる、繋がらない国同士が一括りで関係性を持っているかのように説明でき…

中国の強かさと頑なさ、肝に命じるべし

大国の世界市場争奪戦は年をまたいで、いよいよ先の見通しができそうなところまで来つつある。 そろそろ我々は、どっちに付くか? 行動を明確にしていかなければならないが、 日本は特にだろうが、どの国もきっと往生際の悪い行動に始終するんだろう。 さて、…

日産の人柱化に見る、グローバル企業間の複雑な柵

カルロス・ゴーン氏の出廷前日に、テレ東WBSの単独インタビューに応じ、日産の氏が「ガバナンス」見直しと、自身を含めた歴代経営者の責任を認める発言をした。 この事件の本質は、ガバナンスの本質以前に、フランスと日本の国が巻き込んだ国際企業間の代理…

ドイツがあのスマホメーカーを拒否しないわけ

散々先進国に対し、所有権の侵害をしておきながら、自分が不利益になると持論を展開する某大国。 いやむしろ、自らが中心と心得る彼らには極々当たり前な行動なのだろう。 this.kiji.is 中国、カナダに対抗措置も 大使呼び外交圧力強める - 共同通信 | This…

デジタル戦争を乗り切る「空気」という武器

この米中戦争を代弁する将来を左右する課題が意味する、日本への影響は決して他人事でない上に、本来日本の政府と企業が目を逸らしてきた、米の協力国としてのスタンスに疑問を投げかける識者の意見が、何処まで影響を与えられるかについては、おそらく全く…

うーん。

肝心の、日本哨戒機が映ってないって、 証拠として、全く意味ないじゃん…… なんか、韓国も北朝鮮化してきていないか? 近々、併合しようとしてるらしいので、事前の印象操作かぁ? 悪くして、どうするんだろう。 www.fnn.jp 韓国が“反論映像”公開へ 哨戒機含ま…

ゴーン氏の行方の新展開か、吹く風ならぬ淀む闇の行方

元日産CEOカルロス・ゴーン氏は、昨年から自身がした行動の正当性を主張し無罪を訴えながらも、日本の拘置所でクリスマスを過ごし、年を明かした。 Gone with the wind. 当ブログで揶揄した風の行方、それが奇妙な話になっている。 昨年からこの事件が国際化…

Alexa、クリスマスにやらかす

Alexaと言えば、 突然異常な高笑いをしたりと、この前からいろいろキモがられる奇行が目立つ。 そしてついに、殺人指令を…… せめてクリスマスくらい、空気をよんでほしかったねぇ。 AIは、人の空気を読むのに、あと何年かかるだろう。 いや、彼らはどれだけ…

空いた口のふさがらない、これぞ陰謀

今朝、「虎ノ門ニュースライブ」見てたら、 思わず失笑( *´艸`) スタジオも、あまりにあきれて大爆笑。 コーナーで石平氏が紹介し、「横暴」だと怒り狂ってた、 これが中国のオフィシャルマップ、オフィシャル。 ……そこまで、するぅ!? この地図に基づいて…

「中国の経済圏成長と日本の外交戦略」まとめメモ

中国の経済圏の急拡大が、今まで米英を中心とした経済圏が当たり前だった資本経済に、どのような影響がでるのだろうか、と考えてみる。 その新興経済圏は、とてもユニークで今のところ日本人にとって正義か悪かは判断しかねる段階ではあるものの、安倍総理は…

仮想通貨と相場の全体私観

仮想通貨の動向は、記事にしないにせよ相変わらず追跡と情報収集は怠らないものの、例えばBitcoinの取引相場はほぼレンジで、従来の乱高下好き投資家には目新しさを感じさせない凪のような状態。 本来の投資相場は、安定してこそ投資欲をそそられるものだろ…

むしろ遅いくらいの、2018年末・年始に向けての経済短観

毎年秋冬と、来年につながるこの時期は例年景気は上向き方向へ動くと聞いているが、今年はいろいろミスリードもあったりで、非常に先読みしずらいエピソードが後を絶たない。 この手の要因として最も目立つのが米大統領トランプ氏の奇行にあると叩く記事を多…

年末に向けての経済短観

毎年秋冬と、来年につながるこの時期は例年景気は上向き方向へ動くと聞いているが、今年はいろいろミスリードもあったりで、非常に先読みしずらいエピソードが後を絶たない。 この手の要因として最も目立つのが米大統領トランプ氏の奇行にあると叩く記事を多…

AIと人間による仕事強奪戦、将来の職業選択は雇用か自営か?

いちいちゴシップ記事に反応しても仕方ないけど、下の記事をダシにして書いてみると、昨日もAIとの将棋名人戦においてAIに人間が負けたニュースが流れて、AIの正確無比なデータ処理能力にお墨付きをつけることになった。 nikkan-spa.jp AIに仕事を奪われて大…

無題、というかマネーの仕組みの覚書

米中貿易戦争による、中国の対応は他人事ではないにしても、中国政府はついに人民元為替レート調整に踏み切った、このことでますますこの戦いは泥沼化していく体を示すことになる。 www.nikkei.com 人民元、28日の対ドル基準値6.8792元 前日比で元安設定 :日…

抑圧する側・される側、相関の視点

議員にしても、スポーツ選手にしても、既存の所属組織からのプレッシャーからの反発が報道されるようになってきた。 おそらく今後も増えると想像できるこの動きから想定できるのは、我慢が心情の日本人の抑圧逃れが起こり出す前兆なのかもしれない。 www.tok…

相場の動きが、恣意的になってきてないか?

最近の株価や為替などの相場の動きは、とても動きが意図的で恣意的になっていないかと、感じるようになった。 とうぜん、米大統領のネットメディアを大胆に利用した自己主張風のコメントで、明らかにアメリカ合衆国よりの相場の動きを見せるせいもあるかもし…

天王山はカジノにあり!

仮想通貨への投資意欲を煽るよりも、 カジノ法案可決後のカジノ早期実現の方が、 金融庁の財源確保には有効であり、最優先事項。 その間、何かにつけ規制にかこつけ金の流れを止めるだろうね。 moneyforward.com 金融庁が仮想通貨業者の「検査とりまとめ」を公…

台風と相場の動き、黒い三連星と何か……

「ジェット・ストリーム・アタックかよ!」 とツッコみたくもなる、不審な台風の動きは、 当にあの黒い三連星の、予測不能の仕掛けに酷似する。 気象予報の精度向上と情報処理速度の、劇的向上によって、 様々な異常気象の通知は、我々にさらなる不安を与える…