くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

相対的に、でも効果的に勝者になるためのエッセンス

これは結構、目から鱗が落ちる発想なんじゃないですか? 月曜日が憂鬱に感じるだろう、多くの諸氏には。 日曜日を100%余暇に使うのが、最もコスパ高いという不動の発想が、実はこんな工夫で、1週間トータルでのパフォーマンスを引き上げるなんて。 理想…

高い視点を持つヒント

ビジネス視点とは、一見ほど遠いネタではあるが…… 「地球は青かった」 かつてガガーリンが言い放ったこのセリフ。 人類の技術進化で、宇宙開発が進むに連れて火星や木星・土星など、 鮮明な映像を見るにあたって興味深いのが、 今回の木星の近接画像である思…

前の記事の補足。

前記事 pws.hatenablog.jp 自分の人生を勝ち取るのに必要な意識 - くろまのパーソナル・ワークショップ そのためには「資金管理」と貯めた虎の子を単にプールする愚かさを自覚し、 そのカネを流すスキルがキモ。

自分の人生を勝ち取るのに必要な意識

お金持ちになろうとするひとはもちろんだが、 そうでなくとも、時間に振り回されない、 本当の自分の人生の幸福度を高めるスキルとして、 とても大事な意識のヒントだと思ったよ。 president.jp 富裕層は億の資産残高に全然ときめかない | プレジデントオン…

長いデフレで染み付いた「貧乏性」との闘い

昨年辺りからネットでは情報が流れていた、 暗号通貨マイニングの分散処理。 欧州・ロシアのITベンチャーが、2016年頃から、 自国通貨安の懸念から、実施に移っていた技術で、 注目されだしたビットコインや、注目コインを対象に、 常時接続される一般人…

Windows10

7の口も乾かぬうちに、もう底が見えだしたのか、 「Windows10よ、お前もか!!」 ascii.jp ASCII.jp:「Windows 10の動作が重くて遅い!」簡単解決法9選

人から得る情報価値の高さとリスク

マネーゲームの勝者こそ、未来の勝者。 このフレーズは、これからもテッパンだろう。 マネーの聖杯を握るには、人脈というネットワークは不可欠。 しかし、確度の高い人脈情報であっても、 ヒトに伝わった時点で、タイムバリューは下がり出し、 よもや、その…

人から得る情報価値の高さとリスク

マネーゲームの勝者こそ、未来の勝者。 このフレーズは、これからもテッパンだろう。 マネーの聖杯を握るには、人脈構築とネットワークは不可欠。 しかし、確度のの高い人脈情報であっても、 ヒトに伝わった時点で、タイムバリューは下がり出し、 よもや、そ…

人から得る情報価値の高さとリスク

マネーゲームの勝者こそ、未来の勝者。 このフレーズは、これからもテッパンだろう。 マネーの聖杯を握るには、人脈構築とネットワークは不可欠。 しかし、確度のの高い人脈情報であっても、 そのまま鵜呑みにすれば、足元をすくわれるのも現代の事実。 要は…

海外と日本の「プロミス」観のギャップ

日本人には耳が痛いがあえて、島国根性と評される日本基質。 悪いことばかりではなく、「契約」においては相手を忖度する思想がある。 日本の契約書は、海外のそれに比べて薄い。 逃げの効かない国内では、相手が裏切るリスクが小さいからだ。 因みに、海外…

羊に続いて猿。干支の話ではなくクローンの話

今だから心が痛むが、慣れは怖いものだと思う。 先を行っているであろうアメリカは、敢えてこの一番乗りを公開しなかったのは、 なぜか? 現在、ペットを捨てて殺処分されている現状でさえ、解決できていない動物取り扱いのこの先がますます暗くなっていくよ…

UFOよりカネ、今そこにある危機

UFOとか、宇宙人とか、影の政府の陰謀とか、 実害の無いたわごとで騒ぐ以前に、 もっと現実の「今、そこにある危機」を直視すべき。 toyokeizai.net 日本が現金払い主義からまるで脱せない理由 | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 か…

残価設定ローンと仮想通貨リスクの共通点

表題の前者と後者、一見全く別物に見えるが、 資産運用の維持手段としては、基本的に同等と考えている。 前者は例に上げた記事では車なので、自動車を固定資産と見ているが、 「買いやすさ」を助長しており、自動車を資産と認識する傾向がある。 一方、最近…

FXの昼相場のAI関与の考察

誰もが薄々ながら理解していると思うが、 やはり、FXの昼相場にやり手のトレーダーは存在するようだ。 それも人間離れした、超絶技巧の持ち主であり、 少しでもこっちが手を間違えれば絶対に見逃さない。 その圧はまるで、スナイパーマシーン 「ゴルゴ13」…

「解っている」と「行動している」の乖離

「言うは易し、行うは難し」 言い古された名言だけに、馬耳東風となっていないだろうか。 たとえ解っていても、行動しなけれ実を結ばないという事実。 その事実から目を背ける間に、モチベーションは落ち、 元の木阿弥、何も変わっていない。 大人になればな…

日本の立ち位置が物語る、ファイナンス能力の低下

日本は今まで、アメリカの傘下において守られ発展してきた経緯は、誰もが肯定される事実だと思いますが、それでは今後どうなるかについては誰もが不透明感を感じずにはいられないでしょう。 その理由は今まで発展途上国と見ていた中国の興盛の事実が無視でき…

人として生まれて、己を全うすること

パラリンピックを見ていて思う。 1 全うであることの貴重さに気づいていない、自分を。 そもそも、身体の比較は「人の全う」に意味の無い行為ないのだ。 スポーツに全力で汗する彼らこそ、 人の精神が本来あるべき姿から見れば、 全うなのかも知れないから…

あなたが生きていくために、一番大事なのは。

パラリンピックを見ていて思う。 1 全うであることの貴重さに気づいていない、自分を。 そもそも、比較は意味の無い行為ないのだ。 スポーツに全力で汗する彼らこそ、 人の精神が本来あるべき姿から見れば、 全うなのかも知れないからだ。 弱い人ほど比較し…

ここにきて、ららぽーと名古屋へ

名古屋市街の商業施設再編成が慌ただしい中、 関東圏ではテッパンの、ららぽーとが中部へ。 元々この辺、三井不動産系ではナガシマリゾートや、 三井アウトレットパークで地ならしはできている中で、 三井トドメの一撃になるか? 地元定番の商業施設が入れ替…

AIが仕掛ける、バブルとは?

AIは合理的にその道を探ろうとする、新種のインテリジェンス生物。 彼らの思考の結果、バブル崩壊で 経済面の再編成を促す答えを、導いてもおかしくない。 今でも、投資相場の動きの裏には、 既に自動売買に携わるAIが存在するし、 今後も経済面のあらゆるイ…

仮想通貨と暗号通貨

そろそろ日本でも、お祭り騒ぎはおさまったようだ。 結果、一握りの勝者を祭り上げ、 多くの敗者を生んで、この祭りは終わりそうだ。 祭りを煽る者たちの、過激な競争は未だ続く。 少し変わったのは、 仮想通貨と暗号通貨の再定義。 基本的な定義は変わらな…

マネキンの正しい姿とは

やはりヨーロッパは、文化・ファッションの発信地。 マネキンの価値観もヨーロッパから変わって行くのか。 マネキン本来の意味は、モデルの代替だった。 最大のネックは、理想の体型と見た目。 上っ面の美を優先させすぎて、人はそれに合わせなければならな…

政治の底洗いへの期待

最終的に国民のツケは回ってくるので、不謹慎だと思いながら、 与党の一方的な政策進行が、順風満帆にいかないことは、 春に向けて旧態依然だった、日本政治の改善を期待する。 戦中・戦後のヤミは、人を狂わせた。 そのヤミを引き摺る者は、日本の未来には…

売り易く、買い難し。

投資ならなおさらだが、投棄であっても 「買い」 の難しさと奥深さを、思い知らされる。 売りなど誰でも出来るし、簡単なのだから。 人は儲けたいがため、少しでも早い利食い売りに走る。 それを相手にしなければならない買いこそ、 本来の市場を支える要な…

短絡的に考え過ぎる、お金の価値

「起業よりも仮想通貨のほうが儲かるのではないですか?」 どこかで聞いたような、一見ありふれた問。 当然と答えられる人は、仮想通貨投資で生活出来る人だけの話。 一般論でそう思っているだけなら、意味の無い問いになる。 一般論と自分の幸せとは、必ず…

円貯め女子なるトレンドに注目してみた。

景気が上向き出したと言われる今現在でさえ、現金貯蓄に偏る傾向は衰えるどころか、流行になっているという。 地元東海地方の岐阜出身で、最近露出度の高まる注目女子タレントの鈴木ちなみさんも、この地方の手堅さを踏襲するお一人のようで、いい意味で変化…

円貯め女子なるトレンドに注目してみた。

景気が上向き出したと言われる今現在でさえ、現金貯蓄に偏る傾向は衰えるどころか、流行になっているという。 地元東海地方の岐阜出身で、最近露出度の高まる注目女子タレントの鈴木ちなみさんも、この地方の手堅さを踏襲するお一人のようで、いい意味で変化…

円貯め女子なるトレンドに注目してみた。

景気が上向き出したと言われる今現在でさえ、現金貯蓄に偏る傾向は衰えるどころか、流行になっているという。 地元東海地方の岐阜出身で、最近露出度の高まる注目女子タレントの鈴木ちなみさんも、この地方の手堅さを踏襲するお一人のようで、いい意味で変化…

アキバの30倍の規模、恐るべし深セン

ガジェット好きには、 ディズニーリゾート級の楽園だろうな。 3泊5日で、寝ずのガジェット巡り、みたいな(*´∀`) gendai.ismedia.jp 中国に出現した「未来都市」深センで見た驚くべき光景(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

AIなんか、電気止まればアウトじゃね?

AIの驚異を論ずるときに必ず出てくるこのセリフ。 ところが、AIの存在できる環境は、ほぼ盤石といっていいはず。 AIの所有者もバカではないだろうから、 世界の電気が止まろうと、AIと自分だけは不自由しない体制は、 当然取っているだろうし、 決定的に見落…