くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

創生ビジネスの公募できる土壌

 

 地方創生に当たって、広くアイデアを募る場合には、単にテーマや課題を出すだけでは、もう集まらないかもしれません。

 代理店やリサーチ会社は、採算のとれそうな都市部案件に偏るし、一般公募だと課題丸投げではとっつきにくくて、集まらないかも知れません。

 

 地域自治体は、予算も余裕のない分どうしても成功させたいという気持ちはあるにしろ、これからは、実用的なビジネスプランが、リスク丸投げで集まる時代でも無くなります。

 ある程度テーマを絞り込んだ公募をして、運営や実施の段取りは自治体側で行う、棲み分けの配慮は避けられないのではないでしょうか。

 

 自治体は、公募をする前に良質のアイデアが集まり易い土壌を提供する努力あって、公募すできる時代と考えられます。

 

地方創生に女性の力を 起業コンテストで独創ビジネス支援 栃木 - 産経ニュース 

www.sankei.com