くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

自分への生活投資の目安とは?

 何をするにも、生活するのにそれなりの金がかかる、まず基盤に当たる自分の生活習慣の改善と、その結果わかる生活への投資が不可欠という結論に至る。

 

あなたは65歳までにいくら貯めればいいのか | おカネと人生の相談室 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

toyokeizai.net

 

 で、厄介なことはそのお金を準備した上で、事に及ぶか否かを判断するのに、既に潤沢な資本を準備出来ればそれに越したことはないし、そもそも悩んでいないだろう。

 

 しかしながら、人に与えられた時間は目的にもよるにしても、あまりにも短い事実を知れば、時間がいかにお金を中心にしたコストパフォーマンス達成以上にかけがえの無いものだと気づくだろう。

 

 優秀な事業家であればあるほど、その著書や文言の中に、

 

Time is better than money.

 

の実感が現れているのは、その例外を探す愚行に等しいと気づく。

 

 自分にとって、お金をケチるのも、時間を惜しむのも、

 

どちらも大事だが、

 

 ムダ時間を惜しむ方向に、段々と傾く自分に気づく昨今である。