くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

アップルの目指す未来の姿

 

 アップルが、円形の自社ビルを完成させて久しい。

これは、単に同社の造形美だけにとどまらず、

リング状の形が意味するものは、

 

 未来を担うであろう、企業の在るべき姿とともに、

 

未来を創造する意志……

 

その第一層(ステップ1)の象徴であるかのように見える。

 

 やがて、それはバベルの塔のごとく天へ積み重なるのかもしれないし、

空を飛んでいくのかもしれないと思わせる可能性の一つのカタチ。

 

 そう思わせてくれるのは新生アップルの、

ジョブズが描いた未来とは、異質でも相似な未来提案型のビジネス。

端末メーカーにとどまらない、

 

未来デザインを心地よく体現させてくれる

 

稀有な企業の姿。

 

 

アップルはリサイクル素材だけで、ものづくりを目指す:専用ロボット「Liam」も投入(動画あり)|WIRED.jp

wired.jp