くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

日本がやらかした、過去の過ちを……。

 今年度の流行語大賞に上がるとの噂も高い「忖度(そんたく)」ですが、これからは皮肉を込めた使い方が、主流になるといいなぁ、とか。

 それだけじゃ、単に愚痴にしかならんので、本題を。

 

 Amazonはじめ、米は基よりこれから中国物流企業が、田中角栄元総理のブルドーザー方式みたく、グローバルインフラを席巻していくでしょう。

 

 お上の意向に忖度する企業は、国の関所機能を解かないと、近い将来にも競争力体力の無さを露呈して、過去にあった護送船団方式で出遅れた日本の再編になりかねません。

 

「体力のある内に、世界と戦えるチカラを!」

 

 国は国民が可愛かったら、旅をさせるべきでしょうね。(ムリか)

 

ぐっちー「タクシーも宅配も規制緩和できないなんて」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

dot.asahi.com