くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

AIやVEの国内進度の遅れに、ガラパゴス化の懸念?

これはトヨタに限ったことではない。

日本企業が世界に評価されているのは、

「品質」の結果、であってその手段では無いと言うこと。

記事にある工程管理の内容は興味深くそれによれば日本式の、

事前「問題想定」に力点だけでなく時間をかけ過ぎている分、

他社に出し抜かれた、ということでしか無い。

 

AIの実質的な導入が、先進国は基よりアジア途上国と比較してさえ、

進展する動きが未だ見えないのは大問題。

 

既に、国内の一企業単位で巻き返せるレベルでは無いのでは???

 

と、このままでは見られてしまうのも、

時間の問題。

 

トヨタが自動運転で出遅れたのはどうやら「カイゼン」のせいだった(井上 久男) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

gendai.ismedia.jp