くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

AIの考察、仕事の意味が変わり始めている。

仕事とはなにか?

 

ある人は、人生そのもの。

またある人は、生活の糧。

 

資本社会の基本、金融業界のAI化による労働の質の変化は、

お金の流れをAIに管理させることで、効率化され、

暗号通貨の普及で、仮想化と相まってついに一人歩きを始めた。

 

 このお金の動きに、人はどこまでついていけるのか?

 

人は労働対価のための仕事に固執する間に、

お金は進化を加速し、人が行う仕事の価値は小さくなる。

 

このまま行けば、お金の奴隷化が加速するということ。

金融の主人のために、AIは冷徹にその奴隷化を助けるだろう。

 

人は人として生きたいなら、

お金のために働いてはならない、

 

私たちは、夢はお金でしか買かえないという呪縛に、

囚われてはならない。

 

夢は、人しかなし得ない、最大の創造物だからだ。

 

gendai.ismedia.jp

「銀行消滅」は、こんな順番でジワジワ進行する(山崎 元) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)