くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

あっち系の目で見た、空間認識能力

あっち系の好奇心が止まらないので、もう一本。

1次元、2次元、3……と、私たちは空間認識について、解釈を与えられて来ました。

 

この数次で表される記号の羅列で、空間そのものを理解して実感できるのには、

空間認識能力が高い人が有利でしょう。

決して差別する意味でなく、得てして女性より男性のほうが、

この能力に限定すれば高そうに、筆者の経験則では見えます。

 

しかし所詮は「在るはずだ」という想像でしかなく、

私たちが実際に体験できるのは3次元だけでしかありません。

 

もっと端的に言い換えれば、目で見た視界の2次元の面こそが、

その人にとっての現実世界です。

面全体を、瞬時にイメージとして正確に記憶する能力です。

 

その意味で言えば、女性の方が優れているように思えます。

 

 

要は、

物事を記憶するのに、

それぞれが自分に最適な記憶方法を、

自覚して活用できているかを確かめるのが、肝要。

 

その点で、男女の要素で優劣を決めつけるのは、

余りにも無意味な浪費だと言えるでしょう。

 

gigazine.net

わたしたちが住む世界の「次元」とはいったい何なのか? - GIGAZINE