くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

仮想通貨と暗号通貨

そろそろ日本でも、お祭り騒ぎはおさまったようだ。

 

結果、一握りの勝者を祭り上げ、

多くの敗者を生んで、この祭りは終わりそうだ。

 

祭りを煽る者たちの、過激な競争は未だ続く。

少し変わったのは、

仮想通貨と暗号通貨の再定義。

 

基本的な定義は変わらないし、前にも書いた通りだが、

この祭りで、前者は「子供銀行券」、後者は「通貨革命技術」

後者のみが今の金融機関に組み込まれるのは、自明の理。

後者は投資対象になっても、前者は博打でしかないということ。

 

しかも懸念されるのが、

前者の汚名は、消える事なく形を変えて続くだろう事。

そう思えるのは、

渦中にいた人と、傍観した人のバブルの印象の乖離が、

かつてのバブルにとても似ているからだ。

 

これが、新しい形のバブル崩壊なのかもしれず、

祭りの余韻は、思わぬ方向へ向かう未来を想定した方がいい。

 

 

バブルは仮想という新しい手段で我々を狙うようになった、と言う事。

手を変え品を変え、ウイルスのように。

 

 

ダークサイドに潜む悪魔は、筆者にささやくのだ、

新種のバブル現象は、これからもあなたのサイフを狙っている、

と。

次はAIバブルかも知れない。