くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

羊に続いて猿。干支の話ではなくクローンの話

今だから心が痛むが、慣れは怖いものだと思う。

先を行っているであろうアメリカは、敢えてこの一番乗りを公開しなかったのは、

なぜか?

 

現在、ペットを捨てて殺処分されている現状でさえ、解決できていない動物取り扱いのこの先がますます暗くなっていくようで、人の好奇心は留まることを知らない。

ヒトの好奇心が優先され倫理の確立は後回しにされる未来に、ヒトがヒトらしく生きる未来の選択は、残されているのだろうか。

 

言うまでもなくアメリカや、ロシアでも研究が進んでいないわけがないし、昨今中国もこの分野で台頭し、開発費を国家予算レベルで援助し始めている。

 

モルモットがサルになれば、いよいよ次は本丸のヒトが対象にされる日も近いだろうし、これは表向きで密かに数十年も前から、この手の人体実験は進んでいたという陰謀論まことしやかに囁かれる。

 

あくまで我々は、表向きだけ目を凝らしていればいいと思うが、ここ10年ほどでヒトに対してのクローン研究は、一気に加速するだろうし、一部ゲノム編集技術は既にGOサインが出ている。

 

今の倫理観や一般感情がどうであれ、この流れは避けて通れない現実になりつつあって、選択の余地は既にないのかも知れない。

 

 

jp.reuters.com

中国の研究者がクローン猿誕生に成功、霊長類は世界初 | ロイター

 

 本来科学者が、予想できるはずのない未来の終末を語っている時点で、どうかと思うが、2分早まったと発表することで、彼らは何をしようとしてるのだろう。

www.fnn-news.com

人類滅亡まで残り2分(FNN)