くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

人から得る情報価値の高さとリスク

マネーゲームの勝者こそ、未来の勝者。

 

このフレーズは、これからもテッパンだろう。

マネーの聖杯を握るには、人脈というネットワークは不可欠。

 

しかし、確度の高い人脈情報であっても、

ヒトに伝わった時点で、タイムバリューは下がり出し、

よもや、そのまま鵜呑みにすれば、足元をすくわれるのも現代の事実。

 

要は、その情報の将来性や鮮度を測る目を、

どれだけ持っているかに、全ては帰結する

 

価値情報を扱う側の使い方次第であり、

結果、聖杯にもガラクタにもなり得るのが情報の価値。

 

ITが発達下今、情報は湯水のように得られる時代に、

どう解釈し、活かすか殺すか?

 

その采配力の開発こそ、AI主導にシフトする時代において、

ヒトの可能性や、ブルーオーシャンが開けるチャンスとなる。