くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

中国企業はアジアを掌握しつつある証拠

アジアの経済大国と言えば、日本人なら誰でも「日本」

だと思いたいだろうが、もはやそれも風前の燈火のようだ。

 

www.tv-tokyo.co.jp

アリババが日本企業に要望:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京

 

日本が、あまりに慎重に石橋を叩いて渡っているうちに、中国はしたたかに追い抜きする機会を伺っていた。

 

上の記事が表すのは、中国が日本に突きつける「上から目線」だ。

 

決定的なのは日本企業の選択肢は、

彼らを現実逃避し無視するか、

認めてしたがうか。

 

しかなく、いずれを選んでもかつてのジャパンアズナンバーワンの影は、

残ってすらいないことで、ここで我々がすべきは、

 

真摯に受け止め、

 

力をためて、

 

次のチャンスへの準備を伺う。

 

順列は、入れ替わったのだ。

ガンバレ! 日本。

 

本来の「愛国心」とは、

こういうときに本当のチカラを発揮するものだ。