くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

仮想通貨の生きる道

あの養殖マグロで注目の近畿大学がやらかす。

 

仮想通貨は誰でもコインを発行することが可能性だが、

変にリアルマネーとリンクさせるだけが、

生きる道じゃ無い。

 

記事の大学敷地内のような、クローズドエリア内。

例えばUSJTDLのような限定区域内で、

独自通貨を使ったイベントやアトラクションを、

発展させれば、

より高コスパな、サービス提供は可能で、

企業側も、独自通貨によって顧客「縛り」ができ、

しかもその流通量や流れを監視して、

マーケットリサーチが、

容易にできるメリットは計り知れない。

 

顧客は、その通貨の価値観を高める協力をすることで、

よりその企業のプレミアム感を高められ、

その人気がさらに所有欲を掻き立てられる。

 

仮想通貨をそのままお金として使うには、

市場社会は未だ成熟していない今、

この方が現実的で、普及への可能性が高くなるだろう。

 

kindai.jp

近大謎解きキャンパス|暗号だらけの仮想通貨パニック