くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

歴史に見て取れる、日本と欧米列強のパワーバランス

 安倍総理が、昔の長州(山口県)出身の名門政治家である事実と歴史背景をもって、明治維新以来の日本国家形成には、どうしても欧米列強と組みしかねる日本独自の思想観に基づく、さまざまな憶測は避けて通れない。

本人はあらゆる点で否定されているが、祖父の思想や言動そしてそれをリスペクトしていることから、少なからず継承意思を示していると見る向きは少なくない。

 

gendai.ismedia.jp

米国の圧力をかわすため、安倍官邸が準備した「巨額ファンド」の実態(歳川 隆雄) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

 

そうした安倍政権において、こうした日本独自の資金調達の動きは、当然起きてしかるべきでしかも古来日本思想びいきの諸氏には、至極当然のように映るかもしれないが、ある意味こうした動きができるのが、完全に欧米列強に組み敷かれない日本の強みなのだろう。

 

欧米にとって未だ厄介な東洋諸国の厚い壁は、ひとつはこの日本であり、もう一つは華僑集団の超法規的な資本ネットワークを築いた中国の二強であると、信じられてきた。

 

これを信じるか信じないかは人それぞれだが、

これは偶然か否か、世界的なマフィアの話題に比例しているのは興味深い。

 

日本のマフィアと中国のマフィアは、突出してまだまだ世界での影響力は大きいと思える点で、闇社会が支える今の経済で、侮れない存在なのかもしれない。

 

ここでは中国はさておき、日本の独自ファンドの立ち上げは期待されるものであり、忌み嫌われるものでもあって、今後日本の影響力を左右する試金石としては、注目するに値する。