くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

スタバに「必死に仕事してる」感出しに来るヤシ

今回は、もっともらしく言えば「仕事の効率性とTPOのバランス」とか畏れそうだが、単なる愚痴であり飛ばしてもらって構わない内容。

 

この手のエピソードは、自分へ返ってくるブーメランになりやすいだけに、普通は書かないけれど、あえて書く。

 

スタバで仕事するワーカーの1人である筆者、

そのスタバで仕事する客は相変わらず多い、それは環境を変えて仕事をしやすくする手段として良いことだし、市民権?も得ていると思っている。

 

しかし同時にスタバにはその状況を誤解しているものも少なくないと感じている。

 

 

例えば、アメリカンビジネスマンよろしく、朝からオフィスさながらのやる気バリバリアピールな奴は、相変わらずごく一部にしても一定数いる、とか。

 

とか言ってる自分もスタバで端末叩いている1人に過ぎないが、ほかのワーカーと異なって明らかに違うオーラを醸し出すのは、周りの誰もが感じているのが分かる程、突出している。

 

最近見る、彼らのドヤツールはどうやらMacBookではないらしく、Serfaceの最新型のようで、スペックモリモリの最新ガジェットを使いこなす感が半端なく、

 

パタパタ……とクソでかいタイピング音を鳴り響かせて、

「オラオラ!仕事してんぞ」感を出すことに異常に固執していて、周りのワーカーがTPOをわきまえて、パタパタしてる中で空気をぶち壊してる。

 

仕事、切羽詰まってるのかな……とも思うのだが、日本なんだからさ。

周りの人、そうじゃない人もいるじゃんさ。

 

仕事しようが、おしゃべりしようが、動画楽しもうが自由な公共の場。

 

本当に余裕が無くてテンパってるならまだ仕方ないねで済むけれど、

この前のヤツなんかは顕著で、明らかに単なるオレオレ感全開で、被せるようにパタパタとキーをまし打ちしてくるし、無視して打ってると「あ〜!!!」とか背伸びしたり、書類をバサバサあからさまにめくったり。

殆どの人がそれ程大きくない筈のタイプ音に、やたらと過敏みたいでどれだけ気をつかって打っても、いちいち反応してくる過剰反応に周りも「当たらぬ神に祟りなし」とばかり。

 

文字数たくさん打たなきゃならないんだから、いちいち止められんでしょう?

 

スタバでヘビーワーカー感アピールするヤツがいなくならないのはなんでだろう。

 

仕事に集中しやすくしたくてスタバ利用するのがフツーだと思ってる人が殆どなのに、わざわざ朝一番の景気付けにでも来てるのかね。

そのてのアピールなら、会社で頑張った方が評価高くなるんんじゃね?

場所間違えてるよ。

 

たしかにかつて、スタバで仕事アピールやMacユーザードヤ!は流行ったことがあるし、それはそれでいい。

でももう、Macや高額ガジェット自慢や仕事「やってる感」演出するブームはとっくに終わってるし、むしろ顰蹙買う時代。

 

仕事をするのは自由だし、自分もスタバで仕事したい時多い。

こヤツらと同じと言われればそれまでかもしれんけど、

会社環境と同じに、端末を「バチバチ」叩いて顰蹙買う者はそれなりに居たが、

スタバでその延長やるのはTPOを気遣ってる者達からすれば “?” なのだ。

 

会社でできない積み残しをするのは仕方ないと思う、

自宅なら好きにすれば良いが、公共の場でまるで日頃の鬱憤を晴らすように、

書類をパラパラ、端末バチバチ、オーバーアクションで仕事感アピールするのはどうかな、と思う。

 

最近こういうヤツがいたら臆することなく、自分はそのヤツ前の席に座って淡々と作業をする。

周りに気遣っている人なら、協調性があるのですぐわかる。

でもそうでなく、対抗心むき出しにしてくるヤツは、周りにわかるように対抗心むき出しにしてくるので、それを気にせずその状況を楽しみながら作業している。

 

それでも周りに配慮しつつ淡々と作業してると、そういう者に限って、

わざとらしいため息をついて去っていくか、

さっきの勢いがどこへ行ったか、大人しくなって仕事に集中するようになる。

 

そもそも、アピールするところでも無いのに、無駄な労力を朝から発散して、その日1日持つのか心配したくなる程、本末転倒なリアクションは生産的でないと気づいてほしい。

強いていえば体力の衰えつつあるくろまには、その余りあるエネルギーがうらやましくもあって、ある意味嫉妬しているのかもしれないけれど、看過できなくなるシーンが未だ減らないのには、ため息がでる。

 

……憂さ晴らしに、この記事を書いているだけなのだが(汗)。