くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

頓挫するか? 東京オリンピックへの道

未だ、こんなことを言って世間を混乱させているメディアがいるとは、残念至極。

答えはNOだ。

 

日産元CEO更迭の動きは、IOC東京オリンピック委員会への訴訟確定の方が数カ月早かったので、下記の可能性はあり得無いからだ。

 

toyokeizai.net

JOC竹田氏の起訴はフランス政府の「復讐」か | 災害・事件・裁判 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

しかし、そうだとしても竹田恒和JOC会長の責任進退の課題の道は、むしろ過酷を極めるだろう。

あえて言えば、

どうせ邪推するなら委員会内部で、竹田攻撃が働いた可能性の方が高そうだ。

 

昨日竹田氏は身の潔白を晴らしていくと名言したわけだが、

既に国内の風向きは、彼に冷たく四面楚歌の空気が漂う。

 

所詮、政治家や企業は自分へのリスク回避にすぐ動く。

おそらく「トラップ」にハメられた、と見ているのだろう。

 

本来なら、日産問題より最優先で国家総動員して、

解決に当たらなければならないが、

正当性の証明に、彼の周囲は腰が重いようだ。

 

竹田恒和氏は、側近の尻拭きまで四面楚歌の状態で、

独り解決せねばならなくなっている。

 

少し気になるのは、

子息の竹田恒泰氏が、教科書選定に関し、かなりの勢いで蜂の巣をつついていたのも気になるところだが、下手すると親子同時に社会的を抹殺されかねえない。

基本、両氏は皇室ゆかりのため、露骨に処分出来ないはずだが、オリンピックご破産の口実ともなれば、可能だろう。

 

ああ、そんなことになってほしくない。

不謹慎かもしれないが個人的には、オリンピック頓挫よりも良識者の喪失の方が、日本の将来への影響は大きい。

 

真実を追求・伝えるということが、

何と難しい世の中なんだろう。

 

世間の良識が、どこにあるのか?

日本の美意識であった「性善説」は、成り立たないのか?

 

私たちは、死ぬまで問い続けなければならない。