くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

トヨタの改革、粛々とススム君

国内の自動車業界において、日産があのように揺れている間に、

かろうじて自動車販売は順調のようにも見える。

 

その中、トヨタ自動車は社内の管理職体制を大幅に見直しており、

ついにFA制をも導入するという。 

 

先日放送された東TVのガイヤの夜明けの特番を見ても、

その迷路のような課題解決への道のりは想定以上に複雑なようで、

日産はトップ不在で社内の雇用者、特に管理職の間でも不安を抱える様子が見て取れた。

 

もしかしたら、幹部職のリクルートの動きもあり得るかもしれない。

 

response.jp

トヨタが「幹部職」を新設、「FA制」も導入して専門性を重視[新聞ウォッチ] | レスポンス(Response.jp)

 

日産は、周知の通り日本の自動車テクノロジーの世界的戦略でも、

外せない要企業と期待されていただけに、

トヨタのこの体制改革は、偶然なのか? 否か?

 

見ようによっては、国内戦略のリーダーのトヨタが、

日産の行く末を案じて(見限って)、

技術移転・販売網の吸収を含めた、オールジャパン化に、

さらなる一手を加えたのかもしれない。