くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

中国の強かさと頑なさ、肝に命じるべし

 大国の世界市場争奪戦は年をまたいで、いよいよ先の見通しができそうなところまで来つつある。

そろそろ我々は、どっちに付くか?

行動を明確にしていかなければならないが、

日本は特にだろうが、どの国もきっと往生際の悪い行動に始終するんだろう。

 

さて、私見では日本は、今後もアメリカの犬を続ける方が幸せになると考えられるが、その立場から見て米大統領が危険視する中国の知財の製品化で、

市場が中華仕様に置き換わる驚異は、避けたいことになる。

 

中国はアメリカへ移民を送り込み、米企業の重要なノウハウを覚えさせ、

特許侵害でなく、経験値という知財にして膨大なノウハウを持ち帰らせ、。

国内特許に加えて、それを基に海外特許も増やしていく。

 

win-tab.net

ALLDOCUBE M8 - 8インチサイズでHelio X27を搭載する高性能Androidタブレット

 

 いくら親米派の国でも、人海戦術で市場を絨毯爆撃されれば、

そう遠くない時期に親中派、と言うより属国に成らざるを得ない国も出てくる。

日本がそうならない事を祈るが、国内で成り行き任せな空気が一向に減る気がしないのは何故か。

 

中国は、信仰を持たない(排除する)極めて危険な国家であり、政府以外は全て悪というかスタンスを貫く冷徹漢。

どんな常識も、政府方針にそぐわなければ一蹴され、人権もあったものでは無い。

 

他国民は全て、この強かさ頑なさを、甘く見ない方が良い。

屈すれば即、人としてさえ扱われなくなるだろう。