くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

北欧諸国の壮大な実験

ima.goo.ne.jp

7月29日までの土日祝日限定、イケアの「朝食盛り放題」に行ってみた! - いまトピ

 

お得な週末だったのね、知らなかった。

と言いますか、IKEAの国内での苦戦が続く中での奇策であろうこのキャンペーンで、人が一時的に増加したことは想像に堅くないものの、果たしてIKEAにとってこのデータがどこまで有益か疑わしい。

 

おそらく、日本の市場をキチンと理解できていないまま、見切りで実施している感は、痛々しい。

名古屋のレゴランドも、日本初参入で話題になって以来、大方の予想通り苦戦中で、一部の小規模企業を除いて喜ばしい結果につながっていない様子。

 

それはさておき、北欧を中心に金融システムに類する事象実験が話題になっていて、耳にされている方もいると思われるが、ベーシック・インカムなどの無労働・報酬の社会的な仕組みについても注目されている。

 

ここで整理しておきたいのは、誤解が生じやすい次の点で、

「働かなくても報酬がある」

ことと

「好きな仕事をして収益がある」

ことが混同されていること。

 

加えて北欧でベーシック・インカムが成立しているのは、類のない高額の税金徴収があっての権利であること。

 

この2点。

 

この誤解が無い人はスルーしていただきたいが、

「え?」

と少しでも感じた方は、要注意。

 

日本に当てはめた場合、後者は全く当てはまらず問題外だし、前者は一部の条件で最低限の仕事すら見つからない日本人にたいして保護の制度は在るものの、悪用を前提としない限り働かなくていいという理屈は通らないし、ベーシック・インカム制度が出来ても対象にならない。

 

良しんば後者は、好きな仕事を追求する世間の抵抗は計り知れないことを踏まえた上で、それに抗う強い意志のある者だけが選択できる道。

 

現実を履き違えずに、物質的にも精神的にもリスクから逃げている者には、安易な道は進まない方が生きながらえる時間は延びるので、下手な博打は打たないのが正解とまでしか、怖くて言えません。

 

念のため「え?」と感じた人向けに書いておきました。

 以上。

 

 

自由を勝ち取る、時間創出

 自分の限られた時間の中で、自分で積極的に自由を創り出す試みが、いかに難しいことか、実感するこの頃。

 自由な時間は、大人である以上仕事と趣味と、それから生活そういったものと上手く切り分けていかねばイケないが、その中で自由な時間を履き違えないようにすべきだ。

 

最低限健康に生きるために使う時間は必要で、その中にある程度の娯楽や遊びを取り入れるのは、人生を豊かにするのにも有効だ。

ただし、度を超すとそれは害悪になる事も十分に避けるべきこと。

 

ひとそれぞれ解釈はあるとは思うが、ある意味。

 

自由な時間は、自分らしさを発見するために使う。

 

これに尽きるのではないかと思う。

 

そしてその自由時間を得た後も

そのゆとりに甘んじることなく自律しもっと沢山の試行錯誤を繰り返すのは、

自由を勝ち取るのにはとても大事なルール。

AI目線3。読解力を得たAI、人はどう動けばいい?

人口知能AIの進化は大手企業を中心にどんどんビジネスに実践投入され始めている。

 

ついに読解力を得たAI、人は何で勝負してどう動けばいい?

 

www.cnn.co.jp

CNN.co.jp : 人工知能の読解力、人間を上回る アリババとMSが開発

 

少なくとも統計的な面での指向速度では人は勝ち目はない。

一般的には「創造力」が武器になると言われているものの……、

その創造力ってなんだ?

 

あまりに漠然としている究極の対抗策とは、

人それぞれの立場や目的によって異なることになる。

 

ことさらあいを意識しすぎるのも問題ではあるが、何も意識しないのはもっと問題がある。

 

創造とは、噛み砕けば「想像」であって、

今のところ人の特権である、妄想する能力のことを指す。

 

倫理的に良い悪い妄想はあるだろうが、

妄想そのものはとてもクリエイティブでメリットの大きい能力だと思っている。

 

悪い妄想はあまり社会には歓迎されないだろうが、良い妄想もできない上にそれさえできないようでは、人間をやめたほうがいいとまで思っている。

 

妄想こそ大いに訓練し、スキルアップすべき最高の武器だ。

私たちは今のうちから、大いにその妄想力をブラッシュアップしていこうではないか。

 

来たるべき日に、より人らしく生きるために……。

 

macbookの新型、PC界のポルシェを超える?

もう、際限無く続くmacbook proの開発にお手上げ。

 

オプションてんこ盛りで、ノートPCで驚愕のお値段。

MACは昔からPC界のポルシェと言われていたが、

度を超す、新型の開発への執念さえ感じる。

 

競合他社との闘いに、王者APPLEの出した答えに、

 

妥協

 

の二文字は価格にも、

無いようだ。

 

www.itmedia.co.jp

「MacBook Pro」2018年モデル登場 6コアi9、メモリ32GB、True Toneディスプレイ対応 (1/2) - ITmedia PC USER

仮想通貨の生きる道

あの養殖マグロで注目の近畿大学がやらかす。

 

仮想通貨は誰でもコインを発行することが可能性だが、

変にリアルマネーとリンクさせるだけが、

生きる道じゃ無い。

 

記事の大学敷地内のような、クローズドエリア内。

例えばUSJTDLのような限定区域内で、

独自通貨を使ったイベントやアトラクションを、

発展させれば、

より高コスパな、サービス提供は可能で、

企業側も、独自通貨によって顧客「縛り」ができ、

しかもその流通量や流れを監視して、

マーケットリサーチが、

容易にできるメリットは計り知れない。

 

顧客は、その通貨の価値観を高める協力をすることで、

よりその企業のプレミアム感を高められ、

その人気がさらに所有欲を掻き立てられる。

 

仮想通貨をそのままお金として使うには、

市場社会は未だ成熟していない今、

この方が現実的で、普及への可能性が高くなるだろう。

 

kindai.jp

近大謎解きキャンパス|暗号だらけの仮想通貨パニック

犯罪の評価と死刑の評価

オウム真理教に関わる一連の事件の決着として、やたらゴロの良い7人の絞首刑執行によって、国内は基より関連する海外国の評価が報道された。

 

犯罪としては国内では、多くの犠牲者を出したことからも犯罪も死刑も「是」の判断であるのは当然だが、海外の評価は犯罪としては是であっても死刑に関しては賛否両論のようで、それぞれ国の事情を大きく反映している。

 

細分化すれば、国内でも死刑に関して被害者目線としては基本是であっても、犯罪分析の観点では疑問を残す識者があとをたたない。

 

この手の常軌を逸した反社会的犯罪は、通常倫理や法、道徳で判断すべき案件ではないのだが、日本国内の判断は平和慣れしている分レスポンスが悪い。

しかし、この際は目には目をの判断が世界的には常識であり、日本だけが綺麗事を言っていられるのも今のうちかもしれない。

 

多くの犠牲者の礎の上に語られなければならない無差別的犯罪は、常識的には不相応のストレスを感じても、躊躇なく制裁されるべきで、通常の倫理判断とは分けて考えないと、生きる資格の本質を失い拡大解釈を野放しにする恐れがある。

 

このような生死に関わる本質的判断においては、賛否両論などという甘い選択はあり得ないことを身を持って知るべき。

 

withnews.jp

オウム、海外が注目する意外な側面 信者数千人、他人事ではない国 - withnews(ウィズニュース)

 

 

ひとり旅

web.smartnews.com

 

人生に成功した人々にとって、

人の目、才能や財産目当てに、人が群がるのが常であり、

一時の気の休まることもままならない。

 

記事の話は、彼らの求める安らぎを一人旅に求める姿。

 

彼らの行動は、

物質的な富を得た者の、精神的に失った「自分の時」

がいかにかけがえの無いものかを教えてくれる。

 

自分が自分である原点を、確かめ生きる。

 

ヒトとして生を受けた以上、何をおいても譲れない時を、

現代の多くの文化人は、

失っていることに、何人が気づくのだろう。