くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

UFOよりカネ、今そこにある危機

UFOとか、宇宙人とか、影の政府の陰謀とか、

実害の無いたわごとで騒ぐ以前に、

もっと現実の「今、そこにある危機」を直視すべき。

 

toyokeizai.net

日本が現金払い主義からまるで脱せない理由 | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

かつての、国政による民間企業の護送船団方式の保護と同じで、

金融業界でも郵便局という独自の国営企業の、

全国ネットワーク化に、民間金融機関は対抗しなければなら無かった。

 

ゆうちょ銀行として民営化されたものの、既にモンスター企業と化し、

圧倒的優位に立つ企業との、現金ネットワークの利便性は、

そう簡単には変えられなくなっていて、

 

長期のデフレで利益性が目減りした今では、さらに追い打ちをかける。

 

限られた巨大資本を保持できる、大手銀行のみがブロックチェーンで、

インフラ合理化され、地銀などの中小金融機関は地方人工の減少圧力で、

淘汰されるか吸収を余儀なくされる。

 

恐ろしいのは中国の動き。

 

周辺国への侵食政策を顕にし、

日本国内でも不動産取得を加速しており、民間企業所有としているが、

いつでも国有化できるので、リスクが大きい。

 

中国だけでなく、外資の金融機関がシェア争いに参入する余地は十分にあるし、

現金の間は有利に働く「円」の優位性も仮想通貨化でゆらぎず、

現金の円に固執するのは、将来的に資産の目減りリスクが大きくなる。

 

金融のグローバル化ブロックチェーン化で利便性が高まる中で、

このジャンルでの独自性を持てない日本は、

今の日本を支える、かつて満州での錬金術や高度経済成長で得た「隠し資金」は、

金融仮想通貨化でスポイルされ、

ひいては他国に吸収されかねない時期に差し掛かっている。


戯言と言われればそれまでだが、よほどUFOネタより緊張感はあるのでは?