くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

土壇場での、バイヤーな金融筋の動き

クリスマス明け、金融市場はダウ・欧州・日経株躊躇なしに、

大幅下落した(DAX除く)

VIX(恐怖指数)も最近安全圏を割らなくなっている。

世界景気の基準とされる米株は、このまま下落が止まらないのか。

 

web.smartnews.com

金融庁・財務省・日銀、きょう午後6時から3者会合を開催 (ロイター)

 

クリスマス休暇だからといって、気を抜いていられない今、

ついに国内金融筋が動いた模様。

 

専門家は、年末に近づくにあたり「毎年の事」のようなコメントを繰り返す、

一方で、株・FX・先物個人トレーダーの分析情報(ガセ含む)では、

来年に向け大暴落を煽る情報も絶えない。

 

ここでどうなるかは書かないにしても、

 最良・最悪の両方を想定するのは常套手段。

 

ただ、最悪のシナリオを想定した場合、

今後、数年前から注目され、今年ようやく一般的になりつつある、

投資というポートフォリオの選択肢が、無くなる事にもなりかねない。

 

市場は来年復活しても、安心はできない。

 

それは、ヘッジファンド筋は来年以降、

文字通りリスクヘッジ強化をさらに徹底し、

大半のシェアを占める彼らで、利益を独占するからだ。

 

おこぼれに預かっていた、億トレと羨まれる個人トレーダーでさえ、

場外に弾き飛ばされかねないほど徹底されると考えられる。

 

あまつさえ、始めたばかりの個人投資家は「アウト・オブ・眼中」

「始めるなら、今しかありません!!!」

とばかりに、それをチャンスと捉え、詐欺が横行するのは目に見えている。

 

投資で夢を見る。

 

その夢の実現はもうすでに、実現が危ぶまれ、

宝くじジャンボの下等当選以上に、

夢となり、それ以上に儚くなるのだろうか?