くろまのパーソナル・ワークショップ

生活の向上をめざして情報共有

ダウ・日経平均株価暴落で学ぶ絶対的なルール

ようやく日本国内でも「資産運用」が定着しだした昨今、

年始め順調に見えたダウ・日経平均株価の緩やかではあるが上昇傾向。

 

2月に入って予兆無しの歴史的暴落は、

いつかバブル崩壊との予測がされていたにも関わらず、

大方の投資家は、対策を取れないうちにズドンと落ちた。

 

これは計画的というより、

相場の空気熱を読めた者と、読めていなかった者の、

決定的なスキルの差として出たものだ。

 

www.newsweekjapan.jp

株価崩壊は当然だ──アメリカの好景気はフェイクだった | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 

その結果を受けて、上のような分析筋のニュースが駆け巡って、

今後、悪影響はジワジワと市場にでてくることになる。

 

ダウや日経平均株価は、文字通り単一の株商品でなく、

代表株銘柄群の平均値を表すのもだが、これらさえ商品となっていて、

株のを中心に、様々な組み合わせで複合的な金融商品が作られている。

 

それらの商品が、相場をより複雑に精密にしていて、

本来専門家でさえ正確に予測できなくなっている。

 

その相場を唯一操作するチカラをもっているのは、

最もお金を持っている一部の投資家だけだったが、

ここもう何年か前から、AIを使った自動売買プログラムが、

値動きをより難解にしている。

 

今回の大暴落も、異常な相場にAIが過剰反応したと言われるが、

そのきっかけを作ったのは、

最初っからこの暴落を仕掛けた人によるものだろう。

 

彼らからすれば少額投資をする、大半の投資家は、

大投資家なる仕手筋とAIたちの仕掛ける、

 

空気を読めるかどうかが、

ささやかな利ざやを稼ぐ唯一無二のルールなのだ。

 

ゆめゆめ、彼らを出し抜こうなどと、

無謀な妄想をしても無駄な話だ。